緊縛を習って以来、ちょっと綺麗に縛れたなと思ったらモデルさんの了承を得て縄筋をスマホで写真に撮り「記録」していました。

2017年の夏、とある事情によりデジタル一眼レフカメラ Canon EOS x7i を購入し、スマホではなくデジイチで撮ることができるようになりました。
せっかく撮らせてもらうのだから「記録」ではなく、ポートレートとして綺麗に撮りたい、そう思ってカメラの講習会を受講しました。

オートモードでの撮影

銀座にある キヤノンのEOS学園で 初心者のためのEOS使い方講座1、2 を受講。
操作方法、シャッター速度・絞りの基本を学ぶことができます。

マニュアルモードでの撮影、ストロボ撮影

これらはストリートアカデミーの講習の中からいくつか受講し、

  • ISO感度・絞り・シャッター速度を調整して適正露出にするマニュアル撮影の基本
  • 順光、逆光、サイド光などオフカメラストロボの基本、ディフューザの効果

を学びました。

モデルさんがいない講習ならば4,000円位から、モデルさんが居る講習会で7,000円位で受講できます。

 

緊縛ライフ管理人

One Thought on “カメラの講習会受講(オート、マニュアル、ストロボ)”

  • ピンバック: 緊縛を初めた経緯から現在までの大まかな流れ | 緊縛ライフ - 緊縛モデルの写真で綴る緊縛の記録とよもやま話。東京近郊での緊縛モデル募集もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です