ストロボの選択

室内で緊縛した女性のポートレートを絞って撮るとなると地明かりだけでは光量が乏しいため、他の光源が求められます。
選択肢としては

・LEDなどの定常光
・ストロボ

の2つが考えられました。

光源の選択肢

定常光

LEDなど常に光っている光源

メリット

文字通り照明の様に常に光っているため、見た目そのままで撮影することができるので初心者でもイメージしやすい。
amazonあたりで1万円前後から売っている

デメリット

緊縛された被写体が手前から向こうに向かって横たわっているような場合、被写界深度を取るのにかなり絞る必要があるため光量不足になる可能性がある
特にamazonで売っているお手頃価格のLEDだと光量が足りるか分からない
ストロボに比べて使用例などの情報が少ない

ストロボ

メリット

動きを停める効果がある。
十分な光量を確保することができる。

デメリット

経験を積まないと写してみないとわからない
それなりのお値段

どちらにするか悩みましたが、ストロボならば緊縛のポートレート撮影以外でも使えるし、講習会などもあるのでストロボに決めました。

ストロボの選択基準

・ 光量が十分にあること
・ 無線のオフカメラで使用出来ること
・ 価格

を条件に絞ってみました

ストロボの選択肢

予算が潤沢にあればやはり純正一択なのでしょうけど…

メーカー純正品

キャノンの EOS Kiss X7i を使っているのでキャノンのストロボになります。
メーカー純正品はやはり信頼性があるので予算が十分にあれば純正品を買うところですが、十分に光量があるものだと70,000円以上するので選択肢から外しました。

サードパーティー製品

Nissin Di700A / Air1 

国産で昔からストロボを作っているということで信頼性・耐久性があるが、たまに不発もあるとのこと。

外国製安価ストロボ

以下のストロボを検討しました。

・NEEWER NW560/TT560
・NEEWER NW680/TT680
・Yongnuo  YN560 III
・K&F Concept KF-882

最終的に

Nissin Di700A / Air1 に決めました。お値段は27,900円位だったかな?

一度はYN560に決めかけたのですが、オフストロボの際に使用するコマンダー、レシーバーが格安のものだと技適に対応していない、
対応しているものは結構な値段がするため組み合わせると Nissin Di700A / Air1 とほとんど値段が変わらなくなるため、Nissinのストロボにしました。

今後スタジオでの撮影や撮影会等に参加した際に技適が無いとダメと言われる可能性がゼロではないこと、
そしてこのような写真がらみのサイトを作成して発表しているのに技適の無い送受信機を使うのはいかがなものかと思い、Nissin Di700A / Air1 を購入しました。

また、バックストロボなどに使うため NEEWER NW560/TT560 も3,000円前後で購入。こちらは無線ではなくスレーブ発光で使用します。

 

One thought on “ストロボの選択

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です