最近インスタグラムで他の方が撮っている緊縛の写真やポートレートを見ていて自分に足りないものに気が付きました。

まず、アップが多く全身が写っている写真が少ないこと。
これはもともと緊縛の縄目を撮りたいことからスタートした自分の好みであったり、モデルさんの一番得意というか特徴のある部位を撮っているのもありどうしてもそのような写真が多くなってしまいます。

でも、それよりも圧倒的に多いのが壁に寄りかかったり、ベッドに寝ているところのアップだったり背景が平面な場所ばかりということです。
被写体が平面的なバックにくっついていることで遠近感とか立体感が無いんですね。

ラブホテルでも、シティーホテルでもそれなりの所に行かなきゃ魅力的な調度品、背景は無いだろうなとか、
いい調度品のあるスタジオで撮ってみたいなとか考えましたが、ベッドに寝ている写真でもベッドの端と床が写っていればきっと立体感でるんだろうと思います。

自分に足りないものがわかりました。まずは今撮影に使っているような所で背景の工夫、立体的に見える工夫をしてみます。

それからスタジオでの撮影を考えてみたいと思います。

緊縛ライフ管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です