緊縛用の縄を染めた後洗濯機で洗濯、すすぎ、乾燥をしました。

去年ドラム式洗濯機に買い換えて、なんかパッタンパッタンしてるだけで本当に汚れ落ちるんかな?と思っていました。

今日緊縛用の縄の事が気になってちょこちょこ見ていたら、すごいですね。ドラム式。

・ゆっくり回転させて洗剤液の中を転がす
・少し早く回転させて1/4位の高さから落とす
・もう少し早く回転させて真上から落とす

これを交互に繰り返して洗い、すすぎをするんですね。
今から20うん年前、社会人になって一人暮らしを初めて洗濯機(当時は当然縦型)を買って最初に洗濯した時、なんか面白くてずーっと見てたのを思い出しました。

縦型の洗濯機がうおりやーって感じでかき混ぜて洗濯し、フルスロットルで回転して脱水しているのに対し、
ドラム式はなんか優しい感じ。
縦型式はもみ洗い、ドラム式はたたき洗いを機械化したものというのを読みましたが納得しました。

きっとドラムの直径・強度はこれくらい必要、これくらいのスピードでこう動かして、次はこれくらいのスピードで…とひたすら繰り返してテストして作り上げたんでしょうね。

うちのは日立の製品なので日立の方、日立の製品に限らず洗濯機づくりに携わっている方、
こうやって書いてみて洗濯機に限らずすべてのものづくりに携わっている方々に感謝だなって思いました。

緊縛ライフ管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です