緊縛を体験・経験してみたい方へ

緊縛シーンのある映画、動画、ネット上の写真を見て、「綺麗」とか「自分が縛られたらどんな感じだろう?」と興味をお持ちの女性多いと思います。
しかし、現在・過去のパートナーに緊縛をできる人がいなかったため、体験・経験したことの無いという方がほとんどではないでしょうか。

現在パートナーがいらっしゃるのならばパートナーと一緒に緊縛を勉強するのが一番かと思います。
パートナーが居ない、もしくはパートナーは居るもののその人が緊縛に興味が無い場合どのようにしたら緊縛を体験・経験することができるのでしょうか。

緊縛を体験・経験する方法

SMバーや縄会で体験・経験する

SMバーや縄会を見学してモデルとして体験・経験することです。
オーナー、客、講師として経験豊富な縄師が居ることがほとんどですが、複数の縄師さん、モデルさんが居るため1対1ではないことが多く敷居は高いかもしれません。
女性のみの場合、無料か1,000円程度で体験・経験することができます。

出張の緊縛サービス

緊縛専門サービスだけではなく、出張ホストや出張性感マッサージサービスで緊縛サービスを行っている所もあります。
ホテル代+サービス料とコストがかかります。

 緊縛ライフを利用

残念ながら経験豊富とは言えません。吊りの技術はありませんし、縛りのレパートリーもそれほどありません。
しかし、初心者ならではの慎重さから来る気遣いができると思いますし、モデルさんと共に成長していきたいと思っています。
もちろん、中級・上級者も危険な所に縄が入っていないか、締まりすぎてはいないかなどに気を配ります。
しかし、「馴れ」により「これくらいなら大丈夫だろう」、「他の子はこれくらい大丈夫だった」という事例も耳にしています。

私は慣れていないからこそ縄が掛かる場所、強さに気をつけて縛ります。

緊縛ライフでの未経験の方への縛り方

まったく緊縛を体験・経験モデルしたことの無い方にいきなり後手縛りというのは敷居が高いと思います。
私たちはまず以下のような段階を経て少しずつ進めていきます。

  1. 最初に手首、上腕の一部など縄がかかってはいけない場所の説明をします。
  2. 鎖骨、肋骨など縄がかかったら痛そうな場所を確認します
  3. 軽く肩を回します
  4. 最初に手首を縛らない胸の飾り縄
  5. 手首を縛る後頭後手
  6. 後手縛り

の順で進めていきます。

縛り方のバリエーション

胸の飾り縄

腕を固定せず胸だけを縛る装飾的な縛りです。
緊縛の経験が全くない方の場合、この飾り縄で感触を掴んでいただきます。

後手

緊縛の基本となる縛りで、後ろで組んだ手を縛り胸の上下に縄を回し胸の間にバッテン、もしくは山成りに縄を回します。かなり拘束感があります。

留め菱(朱果菱)

ご存じの方も多い亀甲縛りと言われる縛りに似ていますが縛り方が異なり、こちらの方が拘束感があります。

割り菱(菱縄縛り)

いわゆる亀甲縛りの仲間で、結び目と結び目の間を4箇所で開けば亀甲、2箇所で開けば菱になります。上は菱でも一番しただけ亀甲になっていれば亀甲縛りという話も聞いたような気がします。
縛り方は単純なのですが縄が長いため取り回しが面倒、かつ体感・見た目を綺麗にしようとすると想像以上に難しい縛りです。

胡座縛り

胡座を組んで腰と脚を縛ります。脚が動かないのは結構拘束感があります。

股縄

股を通る縄です。セクシャルな縛りなので受け手さんの希望・許可があった時だけ縛ります。

脚縛り

片足だけ縛る、片足ずつ縛る、両足揃えて縛るなどバリエーション豊富な縛りです。

逆海老縛り

海老反るように縛ります。本来はもっとぐいっと反らせるものなのでしょうが、柔軟な方、受け手としての経験が豊富な方しかきつい縛りはしません。


いかがでしょうか?他にもいろいろな縛りがあります。
あなたも緊縛を体験してみませんか?

トップページ : 緊縛ライフのトップページ
ギャラリーページ : 今まで撮影した緊縛写真のギャラリー
投稿:緊縛を体験・経験してみたい方へ : 緊縛写真撮影を体験してみませんか
体験受付ページ :緊縛写真撮影体験はこちらから

コメント