Haru 亀甲縛り

10/28 Haruさんに緊縛モデルをしていただき、Haruさん、田口さん、立花の3人で撮影をしてきました。
3人利用可能なホテルにHaru さん、立花がチェックイン。
VODで映画を観ながら軽く食事をしたのですが、この映画がまずかったです。「スポンジボブ」というなかなかファンキーな作品で思わず最後まで観ちゃいました。
Haruさんがシャワーを浴びている間に機材の準備、一息ついた所に田口さんが合流。

田口さん、立花の2人で普通の着衣での写真撮影をしたことはあったのですが、一緒に緊縛写真の撮影をするのは初めて。
特に田口さんは緊縛を生で見るのは初めてだったため、

・ Haru さんをモデルに縄が掛かってはいけない場所の説明
・ 本縛りの自縛練習
・ 立花謹製の縄を田口さんに贈呈

したあと撮影スタートです。

Haru さんに希望を聞いた所亀甲縛りを体験してみたいとのこと。ガチな亀甲縛りの知識が無いため簡易的な亀甲縛りで勘弁してもらいました。
おへそ部分の菱がしっかりと絞られていないし、菱の大きさが不揃いなのは練習不足の証拠です。ごめんなさい。

縛り終わったら田口さんにバトンタッチ。田口さんが立ち位置、ポーズの指定、ライティングを行い撮影。
僕はすべてのセッティングが終わった後撮影を行ったのですが、さすが綺麗に撮れました。

Haru 亀甲縛り
Haru 亀甲縛り

 

次にキャミソールを着けての後手縛り。先程の亀甲縛りとは違って縛り終えるまでに時間がかかりますし、後ろ側も複雑に縄が交差します。
田口さんはただただ見入っていました。

縛り終えた後は同じように田口さんにバトンタッチして立ち位置、ポーズ、ライティング、田口さん撮影、ちょっとだけ立花撮影。

キャミソールと後手縛り

 

あっという間の4時間でした。

初めて緊縛しているところ、そして緊縛されている女性を生でみた田口さんはとても刺激を受けたとのこと。
僕は自分の持っている機材でもここまで綺麗に撮れるんだと感動。
田口さんのライティングに少しでも近づけるように研鑽します。

初めて生で緊縛を見て、撮影を行った田口さんの感想は 田口さんの緊縛写真初撮影の感想 でご覧いただけます。

緊縛ライフ管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です