Hanaさん縄酔い

Hanaさんの緊縛撮影感想:縄酔い

12/29 Hanaさんに緊縛モデルをしていただき緊縛ポートレートの撮影を行いましたが、Hanaさんが酔ったようなふらふらした状態になりました。
壁にもたれかかっていたのですが、体がふらふらとしてきて捕まっていないと倒れそうな感じでした。
どんな感じだったのかHanaさんに聞いてみたところ以下のメールをいただきました。

最後の生成りの縄での撮影時。縛ってる最中からクラクラとめまいのようなものを感じて…(とは言え気持ちの悪いものではない)前にも縛ってもらった時にそういう事もあったので、
「ああ、コレね…」となんとなくぼっーと思ってました。
今日は撮影してる間にもっとクラクラして来て、立っているのが辛くて、手は後ろで組んでてとの指示にも従えず自然と後ろの壁に手をかけてカラダを支える形になりました。
更に絶え間なく光るフラッシュと聞こえてくるシャッター音にだんだん苦しくなってる私がいました。
いつもの撮影の時は目は開けてるんですが、その時は開けてられず目をつぶっていました。
どうやら縄酔いしてしまったようでした。縄を解かれてもずっとフワフワした感覚が続いてました…不思議な体験をしました。でも決して気持ち悪いものではなかったです!

Hanaさん縄酔い
Hanaさん縄酔い



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です