緊縛はどうやって覚えたの?どこで習えるの?よく聞かれます。

  • 本やDVD、ネットの動画などで自習する
  • 縄会、講習会で習う

と2つの方法があります。

緊縛は吊らなくても手の麻痺などの危険を伴いますので、可能ならば基本だけでも講習会で習うことをお勧めします。
動画やDVDを見ながら覚えるのと、目の前で縛り方を見たり、横からアドバイスを受けて覚えるのでは習得にかかる時間も段違いだと思います。

僕はSMバーとSMサロンの講習会で習いました。
「緊縛 講習会」やSMバー、SMサロンで検索してみてください。
結構あちこちで開催されています。

講習会の費用は5,000円位から一万円オーバーまで、
開催頻度も週に2回、月に1回、2回
受け手さん同伴でなければ駄目、受講者同士で縛り合って練習、受け手さんを用意してくれる様々です。

教えられた事って2週間も経つとほとんど忘れてしまいます。
基本となる後手縛りは覚えるのに3−5回位講習会を受ける必要があります。
後手縛りをマスターするまでは可能ならば週一ペース、少なくても2週間に一度は通えるようなスケジュールの時に始めることをお勧めします。

大きな都市だと緊縛の講習会をしているところは結構ありますが、自分の周りにはない。
そういう場合は自習になりますよね。
その際にお勧めなのが おとなわ さんの「いますぐデキる!縛り方マニュアルDVD」という商品です。
基本となる後手縛りをゆっくりと解説し、縄の鞣し方、メンテナンスについても学べるスグレモノです。

緊縛ライフ管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。