仕事で知り合ったHaruさんに9月中旬緊縛モデルをしていただいて緊縛写真の撮影を行いました。
Haruさんは緊縛の経験はなかったのですが、僕が緊縛を習い始めてすぐの頃から緊縛練習の受け手をしていただきカメラを習い始てから撮影のモデルをしてくれるようになりました。

前回 Eri さんを緊縛モデルに撮影した際、ホテルの室内の照明では光量が足りずISO感度を上げる必要があるためざらっとした写真になってしまうことを学び、これを避けるためにストロボを使ったポートレート撮影の講座を受けました。

講座で習ったことを念頭に緊縛写真の撮影を行ったのですが、思ったよりも暗くそして黄色っぽい仕上がりとなってしまいました。
撮った写真をプロの方に見てもらった所、ストロボの光量が足りず地明かりの色が出てしまっているという指摘がありました。

アイキャッチの写真

Haruさん緊縛写真背中のカーブと押しつぶされた胸が綺麗で気に入っています。

撮影データ

モデル:Haruさん
撮影日:2017/9 中旬撮影
撮影地:錦糸町
縛り:後頭後手、股縄、脚縄、胸の飾り縄
撮影枚数:250枚

カメラ:Canon EOS Kiss X7i
レンズ:SIGMA 30mm F1.4 DC HSM
ストロボ:Nissin Di700A / Air1
ストロボアクセサリ:トランスルーセント

学んだこと

ストロボを使うならしっかり光らせる
光量、ストロボ、被写体、カメラの角度に注意して撮影を行います。

2020年追記:Lightroomで露光量などを調整した写真に載せ替えました。

緊縛ライフ管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です