これからマニュアルモードでの撮影を検討している方の参考になるかと思い、僕がマニュアルモードでの撮影の講習会で学んだことなどを書きます。

カメラを使い込んだり知識が増えるに従いオートモードでの撮影に不満が出てくると思います。
・シャッター速度優先モードだと絞りすぎてぼかせない
・絞り優先モードで絞るとシャッター速度が遅くなり過ぎて手ブレする。
そんな感じですね。

僕も同じように感じてマニュアルモードでの撮影について調べました。
・シャッター速度
・絞り
・ISO感度
この3つのパラメーターで露出の調整を行うということは理解できましたが、それぞれをどのように設定すれば良いのかがまったくわからず講習会に行き、何を優先するかによって2つのパラメーターを確定し、残る一つで露出を調整するということを学びました。

それはアパートを借りる時と似たような考え方でした。
・駅からの距離
・広さ
・家賃
駅チカは譲れない、家賃はここまでなら払えるからあとは間取りか。
家賃はこれしか払えない、でも広さは必要、なら駅から遠いのは仕方ないか…。
こんな感じですよね。

僕はまず最初にシャッタースピードの確定。動体の撮影では絶対に譲ることのできない要素ですし、静物の撮影でも手ブレの原因にもなるため最初にシャッタースピードを確定します。

シャッタースピードが確定したら
・画質に関わるISOを優先するか
・被写界深度に関わる絞りを優先するか
で設定が変わります。

ISO優先

講習会では天気や室内の照明でISOを確定して露出は絞りで調整する方法を学びました。外で晴天なら100, 曇りなら400のような感じでISOを設定し、適正な露出になるように絞りで調整する方法です。

絞り優先

背景をぼかしたい、全体的にピントを合わせたいなど撮影のイメージが決まっている時は絞りを確定して残るISOで露出を調整します。
ISOをオートに設定するとお手軽です。

僕は絞り優先でシャッター速度、絞りを設定してISOをオートで撮影。ISOの値が大きすぎる場合は2つのパラメーターを微調整しています。

なお、屋内でストロボを使った撮影の場合は3つ共設定、ストロボの光量で露出を調整してほぼ確定し、絞りで微調整をしています。

マニュアルモードでメインダイヤルに割り当てられているのはシャッター速度なので、シャッター速度で露出を調整する人が多いのかな?

緊縛ライフ管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。